来年1月23日公開の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の本予告が25日、全国の劇場(一部劇場を除く)で公開となり、宇多田ヒカルが手がけるテーマソング「One Last Kiss」の一部が解禁された。

【動画】宇多田の新曲も一部解禁『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告

 宇多田は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの全作品に楽曲を提供。第1作『序』(2007年9月公開)のテーマソングとして「Beautiful World」を書き下ろし。第2作『破』(09年6月公開)では同曲のアコースティックバージョンが使用され、第3作『Q』(12年11月公開)には「桜流し」を提供、シリーズ完結編となる映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に今作「One Last Kiss」を書き下ろした。

 いち早く本予告を見たファンはSNSで「宇多田×エヴァはやはり神曲 本予告は鳥肌が立ってしまった」「エヴァ本予告ゾクゾクした!宇多田曲もゾクゾクする!」「宇多田さんの歌とエヴァの予告を見るだけで興奮が止まらない なんならちょっと泣きそうになった」などとSNS上で歓喜の声をあげている。

 本予告は、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の製作会社・カラーのYouTubeチャンネルでも公開中。「One Last Kiss」は来年1月24日から先行配信、27日にEP(CD)発売。完全生産限定LP盤はほぼ完売状態で、現在は2月下旬以降の出荷分を店頭で予約受付中。