女優の中村ゆりかが、来年3月21日に放送されるカンテレ・スペシャルドラマ『エージェントファミリー~我が家の特殊任務~』(深夜放送※関西ローカル)に主演することが、わかった。中村演じる某国の新米スパイを主人公としたアクションコメディーで、来年の撮影に向けて、この秋から中村は激しいアクション訓練をスタート。「小さくてもしっかり力強いところを見せられるように頑張ります!」と意気込みを語っている。

【写真】悪女怪演で話題を呼んだ中村ゆりかの撮り下ろしカット

 中村が演じるのは、小市慢太郎演じる父“俊夫”、真飛聖演じる母“しのぶ”と暮らす、佐藤家の一人娘“みなみ”。一見ごく普通の家庭に見える佐藤家だったが、お隣さんには言えない大きな秘密を抱えていた。それは、俊夫は諜報工作、しのぶは狙撃、みなみは格闘術に秀でたスパイとして日本に潜入した、血の繋がりのない疑似家族だということ…。ある日、祖国からミッションを授かった一家はある研究者に近づくことに。

 実際に初めて格闘術の練習を重ね、中村は「最初は本当に体が追いついて行くのに必死な状態でした。アクション監督や監督から抜かりなくご指導していただいていて、今はどうしたら自分がかっこよく見えるのかをイメージすることが出来るようになりました。もう少し練習の時間をいただけるので、そこでもっと力強さを身につけていきたいです」と向上心をみせる。

 アクションシーンの一方、誰も見ていない自宅内で、佐藤家の3人が大真面目に本当の家族のように振る舞う姿。小市、真飛とのコミカルな会話劇もみどころとなる。みなみという特殊な背景を持ち、コミカルな面もシリアスな面もある役どころについて、中村は「任務と人情の葛藤が視聴者の方の心にも響くようにできたらいいなと思います」と展望している。

 なお、物語のキーマンである上杉晴夏役など、追加キャストは後日発表。また、このドラマへの出演権をかけて、仮想ライブ空間『SHOWROOM』では、現在オーディションを実施している。