お笑いコンビ・千鳥とかまいたちによる冠特番『千鳥VSかまいたち』が、来年1月3日に日本テレビ系で放送される(後11:25)。コンセプトは超シンプルで、世の中のあらゆるものに「まだ笑える余地“笑いしろ”があるのか?」「もっと面白くできるのか?」。4人ならではの発想力とトークで笑いに昇華させる。

【個別カット】千鳥とかまいたちが正月に冠特番

 今回を“笑いしろ”を探すのは日本テレビ系の伝説ヒット番組の中で「たった1回で終わってしまった企画」。それらを掘り起こして、もし4人だったら、どのようにして1回では終わらないヒット企画に導けるのかについて、作戦会議をして即興で実演・検証していく。

 今回検証した、伝説番組の中に封印されていた問題作は『元祖!どっきりカメラ』の「老犬トニー」(1983年)、『進め!電波少年』の「峰竜太の亭主関白を見せて欲しい」(1992年)、『噂の!!解禁スタジオ』の「サボテンは人間と話すことができる」(1996年)の3企画。

 「老犬トニー」は巨大な犬の着ぐるみがドッキリを仕掛けるが、大きすぎて道ゆく人には中に人が入っているとバレバレ…というもの。「峰竜太の亭主関白を見せて欲しい」は、当時恐妻で有名だった海老名美どりに峰が強気にモノを言えるかアポなし密着するが、すぐに峰がヒヨってしまう。「サボテンは人間と話すことができる」は、サボテンをはじめ植物の声を聞き取る「4Dメーター」という謎の装置を発明した人物の自宅に訪問する企画だ。

 そんな手ごわい3企画から、4人はどのようにして笑いしろを見つけていくのか。4人が放送を前にコメントを寄せた。

■千鳥
【ノブ】かまいたちと番組をすることができてうれしいです。番組のテーマは「世の中にあるさまざまなモノから笑いしろを探して面白くしよう」。“4人でお笑いやったろう”ってことです。
【大悟】まだまだ、落ち着くような年じゃない。がっぷりよつでやろうって。タイトルが(読みは)『ちどりかまいたち』。日テレはタイトルを考えるのをやめたんかと思ったけど、何でもできるやんという気持ちで臨みました。

■かまいたち
【濱家隆一】僕らが大阪で最初に千鳥さんとやらせてもらった番組は、コンクリの打ちっぱなしの地下みたいなところだったので、こんな豪華なセットでやらせてもらって、しかも大好きな千鳥さんと。すごくうれしいです。
【山内健司】大阪にいた頃から考えると、この2組で番組するってすごいことだと思います。まあ視聴者が今一番見たい2組ですから、やっとこの2組の番組来たかと思っています。
【濱家】調子乗るな!