国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)のナレーター卒業(来年3月28日放送)を発表した、声優・ナレーターのキートン山田(75)が、一足先に、テレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』のナレーションも卒業する。あす26日放送の「第15弾 紀伊半島ぐるり!高野山~伊勢志摩~熊野古道 ふれあい珍道中!」(後6:30~9:48)が最後となる。

【写真】長年ナレーションを担当したキートン山田

 キートンは、太川陽介&蛭子能収コンビ時代の第2弾(2008年3月)からナレーションを担当し、17年3月からスタートした田中要次&羽田圭介コンビによる新シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』でも引き続き務めていた。

 26日放送回は、鈴木杏樹をマドンナに迎えて、3泊4日でゴールを目指す。和歌山県高野山の観光玄関口、高野口駅前をスタートし、チェックポイントの賢島〈伊勢志摩〉、湯の峰温泉〈熊野古道〉を通ってゴール潮岬を目指す、ぐるっと紀伊半島一周旅。途中には世界遺産、伊勢志摩の海絶景&熊野古道、旬のおいしい物も盛り沢山のルート。しかし、今回も…バスが無い!? 宿が無い!? 過酷な歩き…超絶トラブルが連発する。台本なし、仕込みなし、アポなしのガチンコバス旅の厳しい洗礼が3人を待ち受ける。