女優の上白石萌音が、2021年9月にデビュー10周年を飾る初の著書となる全編書き下ろしエッセイ(NHK出版)を出版することが決定した。掲載予定のポートレートが先行公開された。

【写真】初めての著書…先行公開となった上白石萌音のポートレート

 俳優、歌手、ナレーターとして目覚ましい活躍を重ね、2年連続でのTBS火曜ドラマへの主演抜てきをはじめ、「Yahoo!検索大賞 2020」女優部門賞の受賞、「2020年今年の顔」に選ばれるなど、輝きを放つ上白石。2021年後期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で、深津絵里、川栄李奈とともにヒロインを務めることも発表された。

 今回の著書は、上白石の活字と本への愛情や人柄があふれる珠玉の文章ばかり。これまで自身のブログやSNS、メディアでの取材などでは明かされることのなかった気持ちや思い出深い出来事、家族や友人などへの思いを、等身大の22歳としてまっすぐにつづる。

 また、エッセイに加えて、本人が撮影した景色や人物のスナップ、故郷・鹿児島での家族との対話や思い出の場所を巡る様子を伝える小旅行レポートなど、上白石の人となりが伝わるページも掲載。多彩な文章と全点初公開の豊富な写真によって、あらゆる角度から「上白石萌音が、ありのままの“上白石萌音”を表現」し、描き出す。

 上白石は「私の活字、文章への愛をたくさんつめられるような本になればいいなと思いながら、ただいまエッセイを絶賛書き下ろし中です。私の故郷・鹿児島を訪ねて家族と話したり、思い出の場所をめぐったりといったページも掲載予定なので、楽しみにお待ちいただけるとうれしいです」と本書への思いを語った。

 過去を振り返りながら、現在の足もとを見つめ直し、そして未来の自分へ思いをはせるように、何気なくてあたたかな数々の“記憶”をあざやかな“叙述”として編み上げる処女作。躍進を続ける、いま最注目の女優を知ることができる、ファンならずとも必読の一冊となる。