お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が都内で行われたアニメ映画『映画 えんとつ町のプペル』の公開初日舞台あいさつに参加。来年、挑戦したことを問われると「YoutTuber」と明かした。

【集合ショット】芦田愛菜、窪田正孝ら豪華キャスト陣が登場!

 同作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る物語。大ヒットした絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語” を映画で描き、ゴミから生まれたゴミ人間のプペル役に窪田正孝、星を信じ続ける少年・ルビッチ役を芦田愛菜が務める。

 総監督を務める西野は、来年に挑戦したいことについてのトークでフリップに「YouTuber」と記した。「なんか流行ってるみたいなんで。来年はYouTuberになります」と理由を説明。驚かれると「ニシサックです。(相方の梶原雄太が)カジサックで頑張っているので映画終わったらニシサックとしてジャージ着て、来年1年、頑張ります。それ以外の仕事を全部、やめてYouTuber1本で頑張ります。2021年1月1日からYouTuberのニシサックとして頑張ります」と構想を語る。最後はカジサックとの共演も「あるかもしれません。コラボで」と予告していた。

 舞台あいさつには、窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、大平祥生(JO1)、廣田裕介監督も参加した。