テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが、来年2月12日に初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス)を発売することが決定した。今、最も注目を集める人気アナウンサーの、ありのままな姿と気持ちがギュッと詰まった、タイトル通り「純度100%」の作品となる。

【写真】彼女感!寝起き姿でデコ出しショットの弘中綾香アナ

 本作は女性向けライフスタイルマガジン『Hanako』の公式ウェブメディア『Hanako.tokyo』で、2019年5月から掲載中の同名連載に、書籍オリジナルコンテンツを書き下ろし。2021年2月に30歳を迎える弘中アナが、全編自身の言葉で書きつづる「いま」(29歳)と「これから」(30歳)の2つのパートで構成される。

 「いま」パートでは、2020年12月までのすべての連載を収録。写真はすべて季節ごとに撮りおろしされており、本書ではその未公開写真を多数掲載。また、「もしアナウンサーになっていなかったら」というテーマで撮影した書籍オリジナルの職業イメージフォトも、書き下ろしエッセイとともに収録する。4つの職業になりきった弘中アナの姿は、ここでしか見られない。

 後半の「これから」パートでは、「会いたいひとに聞きたい…弘中綾香の30歳、どう進めばいいでしょう?」と題した対談企画。弘中アナ自身が直接会って話しを聞きたかったという、作家・林真理子氏、テレビ朝日エグゼクティブプロデューサー・加地倫三氏、オードリー・若林正恭という3人と対談した。弘中アナ自らがインタビュアーとなり、30歳からの生き方、働き方、進むべき道について話を聞き、その感想を書きおろしエッセイとして掲載する。