ORICON NEWSの公式YouTubeチャンネルで展開されているトーク番組『ミリオンズ supported by DELL』の第2回放送が24日、配信された。MCは初回放送に引き続き元日本テレビのアナウンサー・青木源太が務め、ゲストにタレントのりゅうちぇる、人気YouTuberのくれいじーまぐねっと・UraNが出演した。

【動画】りゅちぇる&くれいじーまぐねっと・UraNが出演!『ミリオンズ』第2回の模様

 同番組は、チャンネル登録者数“100万人”を突破したORICON NEWSが“ミリオン”をテーマに、最新のニュースやトレンド、ランキングなどを届ける。この番組を見ればYouTubeの“今”が分かる内容になっており、月1回のペースで配信されている。

 YouTubeの最新事情に迫る「トレンドミリオンズ」では、今年話題になった動画(音楽関連を除く)を「2020年 YouTube 国内トップトレンドランキング」と題して紹介。HikakinTV(チャンネル登録者数:881万人)の『小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】』(再生回数:1102万回)、手越祐也チャンネル(チャンネル登録者数:167万人)の『手越祐也 緊急記者会見』(再生回数:1103万回)らがランクインしている。

 番組後半では、芸能界やスポーツ界の著名人のチャンネルを除いた「一年間でチャンネル登録者数を伸ばしたランキング」を発表。こちらは、Marina Takewaki(チャンネル登録者数:189万人)、パパラピーズ(チャンネル登録者数:155万人)ら今では“人気YouTuber”の仲間入りを果たした顔ぶれが並んだ。

 りゅうちぇるは、テレビ、雑誌での活躍はもちろんのこと、公式YouTubeチャンネルでも精力的に発信を行っている。テレビでは、ハイテンションなトークが人気だが「YouTubeでは、とにかく素でいることを大切にしています。テレビとは別のメディアと意識してます」と明かす。

 YouTube上でのトレンドを「全然、意識してないんです。『誰もやったことないことをやりたい!』って思うタイプ」というりゅうちぇるは、多くの著名人、YouTuberが瑛人の「香水」をカバーするなか、BEGINの「島人ぬ宝」をカバーし、話題となった。

 この動画は79万再生を記録し「ここ最近で一番、バズったのが『島人ぬ宝』のカバー。ただ一番、力を入れてなかった動画なんです」と驚きを隠せない。何がバズるのか、未だに手探り状態だといい「最数回数だけで勉強になるし、コメントを見て『こういう僕が見たいんだ』って教えてもらうんです。第三者の目線はすごく勉強になる」と話した。

 また、UraNは、刺激を受けたYouTuberとして「ヴァンゆんチャンネル」を挙げ、「サムネイルに一番、時間を掛けているらしい。一発目に入るサムネでちゃんと『見たい!』と思わせなきゃいけない。サムネも何パターンか用意して、再生数によっては途中で差し替えたりしてるみたいです。その話を聞いてから、とにかく動画の内容が伝わりやすいサムネを準備するようになりました」と明かし、リスペクトの眼差しを向けていた。

 MC・青木アナも23日に公式YouTubeチャンネル「源チューブ」を開設。YouTuberの“先輩”としてりゅうちぇるは「青木さんが好きなジャニーズの曲を完璧にコピーして、ダンスを踊ったりしたら、絶対にバズると思いますよ!」と提案し、UraNも動画編集について「喋っているところの間隔を詰めておく。ちょっとでも変な間があると視聴者さんも変な感じになっちゃう。リズムよく喋っているように編集して、後からエフェクト入れたり、音楽を付けたりしています」とアドバイスを送った。

 局アナ時代は「マニアックを深くするより、多くの方が理解できる話をする意識があった」という青木アナだが、二人から助言を受け「YouTubeはマニアックでいいってことですね。その辺の感覚がまだ掴めてないんですよ。参考にします!」と真剣な表情で耳を傾けていた。

 企画コーナーでは、DELLが展開中のキャンペーン「#デル本気創作」をピックアップ。数ある応募作品の中から「chikuchiku219さんの『彫紙アート“ワニの住処”」をセレクトしたりゅうちぇるは、「いろんな作品を見たけど、お家に飾りたいくらいカッコいい!」と絶賛。UraNは「mihiro523さんの『ねこねこ食パンアート』」を選出した。

 DELLでは、公式ツイッターでフォロー&リツイート、インスタグラムでフォロー&いいねで参加できるキャンペーンを展開中。抽選でりゅうちぇる、UraNのチェキと、番組内で青木アナが使用していた「DELL New XPS 13」がプレゼントされる。

※ランキングの数値は12月24日時点