人気グループ・乃木坂46の山崎怜奈(23)が、来年2月10日に初の書籍『歴史のじかん』(幻冬舎)を発売することが決定した。2019年までひかりTV・dTVチャンネルで放送されていた『乃木坂46山崎怜奈 歴史のじかん』を基にした歴史本となる。

【動画】新番組への意気込みを語った山崎怜奈

 全50回の放送から、山崎が選んだ14回を厳選して掲載。専門家2人と山崎による解説パートと、その内容から山崎が考えたことをつづるコラムパートの2本立てとなっている。自らも歴史に詳しい山崎ならではの視点で深掘りされており、わかりやすいのに奥深い考察が満載だ。書籍内にはカラーページで山崎の“歴史グラビア”もあり、ファンにとってもうれしい1冊となりそうだ。

 今回の刊行決定を受けて、山崎は「この度、歴史本を出版させていただくことになりました。好きなことを本で表現できる機会をいただき、大変うれしく思います。また、ゲストでお越しくださった先生方の愛ある解説にも注目です。改めて御礼申し上げます。この時代を生きやすくなるようなヒントを、先人たちの生き方から得られる一冊です。読み終えた後、歴史の授業で感じていたモヤモヤが少しでも晴れますように!」とのコメントを寄せている。

【山崎怜奈(やまざき・れな)】1997年5月21日生まれ。東京都江戸川区出身。最も好きな歴史上の偉人は、坂本龍馬と渋沢栄一。2013年、乃木坂46の2期生として活動開始。クイズ番組への出演を機に、知識欲の塊になる。2020年、慶應義塾大学卒業。世界遺産検定2級を取得。帯ラジオ番組のパーソナリティ就任に際し、23歳で初の人間ドックを志願。胃が弱い。

■『歴史のじかん』で取り上げたテーマ
応仁の乱/戦国の合戦/千利休/明智光秀/蒲生氏郷/真田幸村/忠臣蔵/伊能忠敬/塙保己一/安政の大獄/徳川将軍家/岩﨑弥太郎/渋沢栄一/太宰治