人気グループ・Kis-My-Ft2とSixTONESがメインパーソナリティを務める、ニッポン放送『第46回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』が24日正午からスタート。24時間の生放送を前に各グループを代表して、Kis-My-Ft2から藤ヶ谷太輔、SixTONESから田中樹が意気込みコメントを寄せた。

【画像】おなじみ”ジェシーの笑い声”も!SixTONESとKis-My-Ft2のボイス付きスタンプ

 クリスマス恒例の同番組は、目の不自由な方たちが安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置するため、毎年12月24日の正午から25日の正午まで生放送で送るチャリティプログラム。今年は46回目を数え、パーソナリティーには3年連続となるKis-My-Ft2、今年初となるSixTONESを起用し、総勢13人が担当する。

 藤ヶ谷は「Kis-My-Ft2は3年目になりますが、今年はSixTONESも加わって、よりパワーアップしたミュージックソンに、そして、コロナ禍の今にしかできないミュージックソンをお届けできると思います」と自信。「今回、メンバーそれぞれが事前に取材をしましたが、僕たちも知らなかったことがたくさんありました。リスナーの皆さんが知るきっかけや、学べるラジオになればいいなと思います。しっかりと届けることを前提に、楽しく、思い出に残る24時間にしたいです」と使命感を燃やす。

 田中は「僕たちはミュージックソン自体が初めてで不安の方が大きかったので、メンバー内で鼓舞し合いながら今日を迎えました」と心境を語る。「Kis-My-Ft2のみなさんに教わりながら、フレッシュに、エネルギーや明日の活力になるものを一人でも多くの方にお届けできたらと思います。ミュージックソンに向けていろいろ勉強や取材をしていくうえで、新しく知ったことがたくさんあります。心から楽しんで24時間メッセージを発信できたらと思います」とやる気をみせている。