人気グループ・Snow Manの宮舘涼太(27)が、新型コロナウイルスに感染したことを受け、ジャニーズ事務所は23日、Snow Manのメンバー8人が濃厚接触者に該当したと公式サイトで発表した。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 公式サイトでは「弊社所属グループSnow Manにつきましてご報告申し上げます。12月21日に、PCR検査の結果、宮舘(Snow Man)の新型コロナウイルス感染が確認されました。直ちに、メンバー・マネージャーともにPCR検査を実施した結果、全員陰性ではございましたが、保健所のご指導による宮舘の濃厚接触者の判定の結果、Snow Man8人が濃厚接触者に該当いたしました」と報告。「つきましては、これより保健所のご指導に従い、隔離生活により経過を観察することとなりました」と説明している。

 「この度、Snow Manはグループとしての活動が一定期間できない状況となりましたので、特に年末年始の活動を楽しみにしてくださっていましたファンの皆様、そして、デビューして初めて迎えるこの時期に、Snow Manに期待を寄せ、大変なご調整を経て、番組等にお声がけくださいました関係者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また「メンバー全員、感染予防対策には気を配っておりましたが、それでもなお感染し、かつグループ全員、濃厚接触者に該当したことから、改めて新型コロナウイルスと向き合いながらエンターテイメントをお届けすることの難しさを実感するとともに、この経験から学び、これからの対応、予防対策に生かしてまいりたいと思います」としている。

 「Snow Manにつきましては、皆様のご期待にお応えすることが叶わず、残念ではございますが、所属タレント・スタッフ一丸となって、この状況を乗り越えてまいります。何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」と呼び掛けている。

 ジャニーズ事務所は21日、公式サイトで「12月21日に、定期的に実施しておりますPCR検査の結果、宮舘の新型コロナウイルス感染が確認されました」と報告。「宮舘につきましては、現在も感染した際に見られるような症状はなく、今後につきましては、保健所にご指導いただき、療養及び経過観察いたします」と発表していた。