2月に完結した人気ラブコメ漫画『五等分の花嫁』の作者・春場ねぎ氏の新作『戦隊大失格』が、2021年2月3日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)10号にてスタートすることが23日、発表された。約1年ぶりに同誌で連載をスタートさせる。

【動画】あなたの好みは?キュートな5つ子集合の『五等分の花嫁』2期の最新PV

 『五等分の花嫁』では5つ子の物語が展開されたが、新連載『戦隊大失格』は5人の“戦隊ヒーロー”の物語が展開される。

 『五等分の花嫁』は、貧乏生活を送る主人公の男子高校生・風太郎が、あるきっかけで落第寸前の個性豊かな五つ子のヒロインたち(一花、二乃、三玖、四葉、五月)の家庭教師となり、彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘するラブコメディー。

 『週刊少年マガジン』(講談社)にて2017年8月より連載スタートし、今年2月に完結。コミックスは累計発行部数1350万部を突破する人気作品で、昨年1月から3月にかけて人気声優の花澤香菜(一花役)、竹達彩奈(二乃役)、伊藤美来(三玖役)、佐倉綾音(四葉役)、水瀬いのり(五月役)が出演するテレビアニメ第1期が放送、そして第2期が来年1月よりスタートする。