23日に最終回を迎える日本テレビ系ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(毎週水曜 後10:00)。クライマックスを控え、大桜美々役の主演・波瑠と共演の青林風一役・松下洸平がそろってクランクアップを迎えた。

【場面カット】最後の撮影となった波瑠&松下洸平が見つめ合うシーン

 美々の家で、美々と青林が向き合うドラマのラストシーンが2人の最後の撮影に。撮影を終え、「これにて大桜美々役の波瑠さん、青林風一役の松下洸平さんオールアップです」というスタッフの声とともに、大拍手と花束が贈られた。

 世の女性たちを“青林沼”“あおちゃん沼”にハマらせた松下は、「お疲れ様でした! スタッフの皆さんが、感染予防対策を徹底して下さり、なかなか慣れないフェイスシールドやマスクでのお芝居、最初は不安なとこともありましたが、皆さんのおかげで楽しく撮影に臨むことができ、無事オールアップできました。僕は、まだまだテレビのお芝居に慣れていないので、ご迷惑やご心配をおかけしましたが、皆さんに助けて頂き、有難うございました!そして、波瑠ちゃん、本当に有難うございました! また皆さんと一緒にお仕事できる日を夢みて精進していきます!」と共演者・スタッフへの感謝を語った。

 そして、約4ヶ月におよぶ撮影を終えた主演・波瑠は、「皆さん、お疲れ様でした! 本当にとっても楽しかったです! 体調を崩す人もなく、怪我もなく、私は遅刻も寝坊もせず、ちゃんと真面目に大桜美々を頑張れたと思います」と撮影を回顧。

 「『#リモラブ』では、主人公というものの重さを痛感しながらやっておりました。毎日、皆さんが笑わせて下さり、楽しい雰囲気を作って下さったからこそ出来た“大桜美々”だなと、心から感謝しております。(撮影が終わるのが)寂しいです! 明日から、一人ぼっちの日常に戻されて、生きていけるんだろうか…、ドラマの冒頭の美々みたいになっちゃうんじゃないかと思います」と寂しさまじりに笑いつつ、「また皆さんとご一緒できるように精進していきたいと思います! 本当に有難うございました!!」と、安堵の表情でスタッフへお礼を述べていた。

 最終回では、すれ違ってしまう美々(波瑠)と青林(松下洸平)。お互い分かり合いたいと思うほど、なかなか分かり合えずにことごとくズレていく…。美々の恋愛相談にのり、2人のことを心配する五文字(間宮祥太朗)。改めて結婚について話し合う決意をする八木原(高橋優斗)に栞(福地桃子)はどう答えるのか。そして、朝鳴(及川光博)から別れを告げられた富近(江口のりこ)…。クリスマス直前に衝撃の展開を迎えた『#リモラブ』の「3つの恋」。彼らは幸せなクリスマスを迎えることができるのか。