テレビアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の第2期『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』が、2021年4月からTBSなどで放送されることが決定した。あわせて第1弾PVや新キャラクター・キャスト情報などが解禁された。

【動画】伊藤美来、古賀葵…新キャストのCV解禁!期待高まるPV

 同作は、ゲーム内の姿で異世界へと召喚されてしまった主人公・坂本拓真が、自らを“魔王・ディアヴロ”と名乗り、魔王の演技をしながら絶対的な強さで突き進む物語。2018年に放送された第1期は、“夢と魔法の異世界冒険譚”として話題を呼んだ。

 第2期のキャッチコピーは「ふたたび魔王になる時が来るとはな」という、ディアヴロ視点のものとなり、1期のキャッチコピー「マジで魔王になる時が来るとはな」を踏まえたもの。ディアヴロたちが聖騎士に追われた新キャラクター・ルマキーナと出会い、そこから2期の新しい物語が展開されていく。

 第1弾PVでは、初公開となる2期の映像で構成されており、2期からの新キャラクター4人(ルマキーナ、ロゼ、ホルン、ラムニテス)のボイスも初解禁。ルマキーナを伊藤美来、ロゼを古賀葵、ホルンを内村史子、ラムニテスを赤崎千夏が演じる。