ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ ( ディズニープラス)配信中の「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』シーズン2の最終話が18日より配信され、スター・ウォーズファンを歓喜させたサプライズ場面写真が解禁された。以下、最終話のネタバレあり。

【写真】ジェダイとなった青年ルーク

 ジョージ・ルーカスが生み出した『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した人気キャラクターのボバ・フェットに続く新たな賞金稼ぎ“マンダロリアン”を主人公に、『ジェダイの帰還』の5年後の世界を舞台に、フォースの力を秘めた子ども“ザ・チャイルド”との危険な冒険を描く本作。シーズン2の最終話(チャプター16=シーズン2・第8話)に、スター・ウォーズ史上最大といっていいサプライズが待っていた。

あの“ルーク・スカイウォーカー”が登場したのだ。今回、解禁されたのは、話題沸騰中の若かりし日のルークの場面写真。

 最終話では、帝国軍の残党が連れ去ったザ・チャイルドを救うべく、キャラ・デューンやボバ・フェット、そしてボ=カターンらが集結。マンダロリアン一行は帝国の軍艦へと乗り込み超高難易度の救出作戦を実行する。敵陣の猛攻撃により絶体絶命のピンチに陥る中、現れたのは、緑色に光るライトセーバーを振るルーク・スカイウォーカーとその相棒R2-D2。

 父アナキン・スカイウォーカーを彷彿とさせる圧倒的なフォースの力を身に着け、ジェダイとなった青年ルークの雄姿に全世界が沸き上がった事は言うまでもない。さらに<ザ・チャイルドをジェダイへ帰す>という当初の目的が果たされる事になり、この混沌とした世界での旅で絆が深まっていたマンダロリアンとザ・チャイルドのエモーショナルな別れも描かれた。

 感動的なフィナーレを迎えたばかりの『マンダロリアン』シーズン2。シーズン1とともにディズニープラスでは何度でも見放題となっている。