俳優の中村倫也、新田真剣佑がイメージキャラクターを務める東京シティ競馬(TCK)の新CMが22日から放送開始。ダークスーツに身を包んだ2人が年末の大一番をアピールした。

【動画】中村倫也&新田真剣佑、今年最後の大勝負へ向かう!

 TCKでは29日に、今年のダート競馬を締めくくる1年の総決算レース『東京大賞典(GI)』を実施。CMは年末のビッグレースに向けた緊張感と高揚感を表現した、2020年のクライマックスにふさわしい内容になった。

 CMで、2人はスタイリッシュなダークスーツに身を包み、大勝負に向かう男性を演じる。えりを正し、ネクタイをきゅっと締める姿や真剣なまなざしが、レースに向かうサラブレッドとリンクし、緊張感と高揚感を演出。そして、顔を見合わせ、まっすぐに前を見据えて歩き出す。最後は「クライマックスはいつだって、最後の最後にやってくる」のせりふと共に、レースの映像が流されている。