シンガーソングライター・山下達郎の「クリスマス・イブ(2020 Version)」が、週間0.6万枚を売り上げ、オリコン2021年度の第1週目となる今週12月22日発表、最新「12/28付オリコン週間シングルランキング」で15位を記録。前週12/21付のシングルランクイン圏外(200位)から急上昇し、TOP100入りとなった。

【貴重写真】山下達郎夫妻×桑田佳祐夫妻が4人でレコーディング

 これで同作の週間シングルTOP100内ランクインは、オリコンランキングの集計・発表年度となる「1987年度」から35年連続を記録し、「週間シングルTOP100入り連続年数」の歴代1位記録を今年も更新した。

 7インチ・レコードの「完全生産限定ホワイト・ヴァイナル盤」として発売された今作は、A面に「クリスマス・イブ」を、B面にカバー曲「ホワイト・クリスマス」を収録。なお「クリスマス・イブ」は、1983年に12インチ・レコードとして発売され、その後1986年に7インチ・レコードで再発売。今回の「ホワイト・ヴァイナル盤」は、1986年の発売当時と同じ仕様となっている。

 なお山下は今週12月26日、約4ヵ月ぶり2回目のライブ映像配信『Tatsuro Yamashita SUPER STREAMING ACOUSTIC LIVE in Live Music JIROKICHI supported by G-SHOCK』を行う。

<クレジット:オリコン調べ(12/28付:集計期間:12月14日~12月20日)>