俳優の岡田健史(21)が、23日発売の女性ファッション誌『ViVi』(講談社刊)2月号に掲載される『ViVi国宝級イケメンランキング 2020年下半期』NEXT部門1位に選ばれたことがわかった。次世代を担うイケメンたちが結集した同ランキング。6万864ポイントを獲得し、岡田が初の首位を獲得した。

【写真】“国宝級イケメン”芸人部門で1位となったEXIT

 岡田は2018年の連続ドラマ『中学聖日記』(TBS)で鮮烈なデビューを果たすと、今年は『MIU404』(TBS)など5本のドラマのほか、現在公開中の『新解釈・三國志』など4本の映画に出演と、俳優として大活躍中。令和を代表する正統派イケメンが飛躍の下半期となった。

 このほか、第2位にSnow Manのラウール(17/5万7972ポイント)、第3位にJO1の鶴房汐恩(20/5万5369ポイント)、第4位にジャニーズJr.・Travis Japanの松田元太(21/5万5007ポイント)、第5位に高橋文哉(5万845ポイント)が続いている。

 なお、今回は全部門合計の総得票数は過去最大45万票超え。NOW部門とともに第6位以降は本誌にて掲載されており、次世代の注目イケメンたちを青田買いするチャンスとなっている。

■『ViVi国宝級イケメンランキング』NEXT部門歴代1位受賞者
2016年下半期:竹内涼真
2017年上半期:成田凌
2017年下半期:杉野遥亮
2018年上半期:平野紫耀(King & Prince)
2018年下半期:佐野勇斗(M!LK)
2019年上半期:松村北斗(SixTONES)
2019年下半期:道枝駿佑(関西ジャニーズJr./なにわ男子)
2020年上半期:神尾楓珠