全世界興行収入No.1の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開から約1年半、ついにマーベル・スタジオが再始動。新章の幕開けを飾る、マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』が、2021年1月15日よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて日米同時配信となる。このたび、特製ポスター6種、さらにワンダ・マキシモフ演じるエリザベス・オルセンと、ヴィジョン演じるポール・ベタニーから作品の秘密に触れたエピソードと日本のファンに向けたメッセージが到着した。

【動画】『ワンダヴィジョン』第2弾予告編

 ポールは本作について「ワンダとヴィジョンは、シットコムの世界で目覚めるんだ。そして、エピソードごとに、ある年代からある年代へと自分たちがアメリカの世紀(100年)を駆け抜けていっているようになぜ思えるのか、その理由を見つけようとする。《この場所はどこだ? 彼らは誰だ? 何者なんだ?》と徐々にさまざまなことに気づいていくんだ」とコメント。

 本作は1話ごとに異なる年代が設定として描かれるようで、多くの謎に包まれた内容の一部を明かしてくれた。ポールのコメントの通り公開された年代別のポスターは全6種、1950年代~2000年代まで、10年ごとに移り変わる時代背景がデザインされている。ブラウン管や液晶テレビに映り込むワンダとヴィジョンが仲良くほほ笑む姿から、時代を経ても色褪せない2人の愛の強さが伺え、移り変わるさまざまな時代で2人が物語を繰り広げることとなるようだ。

 さらにポールは「本作ではワンダのジャーニーが描かれ、なぜ彼女が、自分自身が理解できない場所に居るのかを知ることになる。そして、そのことが観客にシットコムの世界を経験させることになるんだ。でももちろんそれだけではなく、みんなが知っていて、とても馴染みのあるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアクション映画にもなっていくんだよ」と、本作はシットコムだけではなく、MCUの大きな魅力であるアクションも期待できると断言。

 2人が時代を駆け抜けるという誰もが予想だにしない大胆な展開を打ち出した本作は、MCUのフェーズ4の幕開けを飾る作品として期待されている、今後のマーベル作品に大きな影響を及ぼす“重要作”となりそうだ。

 エリザベスとポールから、日本のファンへのメッセージも届いている。

【ポール・ベタニー】
 日本にいるすべての僕らのファンの皆さん、この新しい作品を気に入ってくれることをとても期待しているよ。僕らはこの作品にとても一生懸命取り組んだ。そして、この作品がとても可笑しくて、とても感動的で、とても満足させられるものだと信じている。ぜひ『ワンダヴィジョン』を見てほしい!

【エリザベス・オルセン】
 マーベルや私たちはいつも、ファンたちのためにストーリーを作ると言っているわ。彼らはファンによって作られていて、彼らはファンのためにいるの。だから、私たちがこの作品作りを楽しんだのと同じぐらい、本作を楽しんでくれることを願っているわ。