女優の森七菜と俳優の中村倫也が、22日に最終回を迎えるTBS系連続ドラマ『この恋あたためますか』(毎週火曜 後10:00)で、そろってクランクアップした。初主演ドラマを無事、完走した森は花束を渡されると「初めて主演という立場で、みなさんに迎え入れていただけるのか不安でしたが、毎日が楽しくて充実した日々でした」と涙ぐんだ。

【写真】「お似合い」「最高」“キキマコ”デートショット&浅羽のピアノ演奏ショット

 9月から始まった撮影も3ヶ月を経て終了。森は「一番に思うのは、毎日プロの方々が120%の力でドラマを作ろうとしている姿を見たことでした。よりドラマというものが好きになりましたし、私もこれからの人生を120%の力で頑張っていこうと思います。この現場は一生忘れません! ありがとうございました」と感慨深げにあいさつ。

 中村は第一話で登場し、自身が演じた浅羽のせりふ「仕事が終わってからでは専門店は閉まってる。高級店は一年に一度行ければいい。だけどコンビニは身近にあり、いつ、どこでもみんなが同じ味を食べることができる。君の作ったスイーツが人を幸せにする」を引き合いに、「キャスト、スタッフみんなで作り上げた作品が、皆さんを少しでも幸せにすることができたのかなと思います。ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べた。

 最終回では新谷(仲野太賀)の想いに応えて返事をしようと思った矢先、突然現れた浅羽から思いを告げられた樹木(森)。樹木、浅羽、新谷、里保(石橋静河)それぞれの気持ちが交錯する中、運命のクリスマスがやってくる…。

■キャストコメント

<森七菜>
(主演という)このような立場になるにあたり、みなさんに迎え入れていただけるのか不安でしたが、毎日が楽しくて充実した日々でした。一番に思うのは、毎日プロの方々が120%の力でドラマを作ろうとしている姿を見たことでした。よりドラマというものが好きになりましたし、私もこれからの人生を120%の力で頑張っていこうと思います。この現場は一生忘れません! ありがとうございました。

<中村倫也>
このドラマをやっていて「はっ!」とする瞬間がありました。1話の樹木がコンビニで泣いているシーンで浅羽が言う「コンビニには毎日4000万人もの人が訪れる。働いて、疲れたそのご褒美にスイーツを食べる」というセリフ。今年は本当にいろいろなことがありました。例えると、コンビニがTBS、スイーツ開発がドラマ制作。あのせりふの続きが「仕事が終わってからでは専門店は閉まってる。高級店は一年に一度行ければいい。だけどコンビニは身近にあり、いつ、どこでもみんなが同じ味を食べることができる。君の作ったスイーツが人を幸せにする」。まさにこのように、キャスト、スタッフみんなで作り上げた作品が、皆さんを少しでも幸せにすることができたのかなと思います。ありがとうございました。