漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)決勝戦が20日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、敗者復活戦をインディアンスが勝ち上がった。コンビ名が発表された瞬間、ガッツポーズをした2人は「マジで『M-1』最高! 国民最高!」と雄叫びを上げて、会場へと向かっていった。

【写真】金属バット、インディアンスらが敗者復活戦に登場

 今回は、過去最高を記録した5040組を上回る5081組がエントリーし、史上最高を更新。敗者復活を除くファイナリストは、アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランドの9組となっている。

 決勝の司会は、今田耕司(14回目)と上戸彩(9回目)、審査員は松本人志(14回目)、オール巨人(8回目)、上沼恵美子(8回目)、中川家・礼二(6回目)、富澤たけし(4回目)、立川志らく(3回目)、塙宣之(3回目)の7人(※回数順、同数の場合は50音順)。3年連続で同じ審査員が顔をそろえるのは、M-1史上初となる。

 敗者復活コンビは同大会の公式サイトなどから視聴者投票で決定。おもしろいと思った3組に投票してもらい、最多得票の1組が勝ち上がった。

■『M-1グランプリ2020』敗者復活出場者(出番順)
金属バット、タイムキーパー、コウテイ、カベポスター、インディアンス、からし蓮根、ぺこぱ、ランジャタイ、滝音、キュウ、学天即、ゆにばーす、ダイタク、ロングコートダディ、ニッポンの社長(※祇園は欠場)

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
2017年度 とろサーモン【4094】
2018年度 霜降り明星【4640】
2019年度 ミルクボーイ【5040】