NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。20日放送の第37回「信長公と蘭奢待(らんじゃたい)」では、朝倉家の滅亡が描かれる。朝倉家の滅亡のキーパーソンとなるのが、手塚とおるが演じる朝倉景鏡(あさくら・かげあきら)だ。

【写真】第37回(12月20日放送)より。信長包囲網の顛末は?

 朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)のいとこで、朝倉家臣団の中でも最もくせのある景鏡を演じるにあたって、手塚は「朝倉家にとって景鏡はやはり特別な存在ですよね、悪い意味で(笑)。それを踏まえて、ユースケさんの演じる義景がとても素敵だったので、そこに嫉妬と云う感情を足して、合せ鏡になるようにつくれたら良いなと考えて演じさせていただきました」と、明かす。

 『麒麟がくる』で、越前朝倉家の滅亡はどのように描かれるのか。手塚は「ユースケさんの演じられる義景は、引き算の美学を感じる、とても色気がある義景になっていたと思います。そのユースケさん版義景に僕の景鏡がどう思われるだろうか? その事を中心に考えていました。また、ユースケさんとはとても仲良くさせていただき、二人でシーンを作る楽しさで、ワクワクしながら撮影していました」と、舞台裏を明かす。

 朝倉家にはもうひとり、重臣の山崎吉家(榎木孝明)がいるが、「榎木さんは、僕の憧れの先輩で、いつも共演させていただく度に新たな発見をさせていただいていて、今回の山崎にも、とても新鮮な驚きがありました。視線や身体で幾つもの表現ができる素晴らしい演技でした。山崎と景鏡との位置や座り方だけで二人の関係性を作る事が出来ました」と、話している。

 第36回のラストで、幕府や将軍より帝を崇拝する織田信長(染谷将太)が送った十七か条の異見書により、武家の棟梁など無きもの同様の扱いを受けたと激怒した将軍・足利義昭(滝藤賢一)は、畿内の大名を集め、武田信玄(石橋凌)とともに信長対し挙兵。

 ところが、上洛間近の信玄の進軍が、突然止まった。義昭は信玄や朝倉の援軍を得られず孤立、木下藤吉郎(佐々木蔵之介)率いる織田軍に捕らえられる。二条城にいた幕臣・三淵藤英(谷原章介)も捕らえられ、早々に信長方についた弟・細川藤孝(眞島秀和)と苦しい再会を果たす。

 菊丸(岡村隆史)より信玄が秘密裏に死んだことを知らされる明智光秀(長谷川博己)。その報告を受け信長は、後ろ盾を失った朝倉・浅井に対して兵を挙げ、一気に攻め滅ぼす。ついに権力の頂点に立った信長は、ある突拍子もない願いを朝廷に突きつける。