女優のともさかりえが、フジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズン(毎週月曜 後9:00)の第4話(23日放送)から、新米刑事の桑原忍(くわはら・しのぶ)役で出演する。役名にもある通り、主人公・万木朝顔(上野樹里)の夫で刑事の桑原真也(風間俊介)の姉という役どころ。

【写真】上野樹里らが登壇した制作発表の模様

 物心ついた頃からずっと、刑事になりたいと夢見ていた忍。長らく信用金庫に務めていたが、夢を諦めきれず、思い切って刑事へ転職を決意。努力の結果、見事に採用試験も通り、晴れて新米刑事として、なんと野毛山署強行犯係に配属されることになった。

 忍は、思いやりがあり、真面目で礼儀正しい人となりである一方、曲がったことが大嫌い。まさに刑事にピッタリな人柄の忍は、刑事になれた喜びとやる気に満ちあふれ、事件解決に向けて大奮闘をしていく。ただ、新米でもあるため、時に現場の空気を読まない言動をすることもあって…。

 2009年の『東京DOGS』以来、11年ぶりに月9に出演するともさかは、「たくさんの視聴者の皆様に愛される作品に参加できて、とてもうれしいです!と、同時に不思議な緊張感もあります」と心境を語り、「この年齢で刑事に転職するという、なかなか無謀な桑原くんのお姉さん役ですが(笑)、真っ直ぐな気持ちのままに突き進む忍を楽しんで演じています」と意気込む。

 上野と風間とは初共演となるが「朝顔ちゃんの義姉という関係性なので、心に寄り添う場面も出てきますが、とてもリラックスして向き合えています。座長としての樹里ちゃんの懐の深さだろうなとリスペクトしています。風間くんは、どんな球を投げても、軽々と打ち返してくださるので頼りにしています。弟と姉ちゃんのパワーバランスがかわいくてほほ笑ましいなと、演じていてもとても楽しいです」と現場の雰囲気を明かしている。