「おジャ魔女どれみ」20周年を記念して製作された映画『魔女見習いをさがして』が今月13日から全国の劇場で公開中。このたび、「冒頭から泣ける!」「世界観に引きずり込まれる!」と話題の本編冒頭6分がノーカットで解禁された。

【動画】『魔女見習いをさがして』本編冒頭6分アヴァン映像

 本作は、幼少期に「おジャ魔女どれみ」を見ていた長瀬ソラ(CV:森川葵)、吉月ミレ(CV:松井玲奈)、川谷レイカ(CV:百田夏菜子(ももいろクローバーZ))のヒロインが、「好きなもの:おジャ魔女どれみ」で繋がり、「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る旅の中で、忘れていた“大切なもの”に気付いていくストーリー。MAHO堂のオリジナルキャストも登場する。

 「おジャ魔女どれみ」に夢中になり、“魔法”を信じていた幼少期。時がたち大人になると、現実を理解し、“魔法”は信じられなくなっていた。仕事に将来の夢と、現実の壁にぶつかるヒロインたちの抱える悩み・境遇も冒頭シーンでは描かれている。

 映画ではそんな彼女たちが、「好きなもの」がきっかけで繋がり、「どれみ」ゆかりの地を巡る旅の中で、互いに支えあい、時にはぶつかりながらも明日へ向かって前に進んでいく様子が描かれている。

 人気楽曲をボサノバ調にアレンジした、映画の主題歌「おジャ魔女カーニバル!!(魔女見習いをさがしてVersion)」のセンチメンタルな気持ちにぐっと引き込まれる音楽にのせ、おとなになった今だからこそ、心に響く“新たな魔法の物語”がはじまる。映像の続きは映画館で。