ぬいぐるみ作家の片岡メリヤス氏のぬいぐるみが、18日から阪急メンズ大阪、20日から阪急メンズ東京のクリスマス・デコレーションに登場。店を訪れた買い物客たちの心をほっこり明るくしている。

【写真】阪急メンズ東京&大阪の“クリスマスデコレーション”

 片岡氏は2011年から活動を開始。ぬいぐるみ・動くおもちゃ・光るおもちゃなどを制作。飾るだけではなく、遊べて愛のあるぬいぐるみを作り、オリジナルの人形劇を各地で上演しながら、2014年末から全国の個人商店を応援する漫画「片岡おへんろ」を執筆している。

 今回のクリエイティブ・デコレーション、キュレーションはSHIN'S ENTERTAINMENT が担当。混沌とした2020年、そのフィナーレともいうべき年末に、来たる2021 年に向けて夢と希望を込めた、特別なクリスマス・デコレーションがお披露目された。

 デコレーションのために作られたのは、真っ白でピュアな笑みを浮かべる天使のようなぬいぐるみたち。天使のような雰囲気で、エントランスでゲストを迎えている。

 初日の開店直後から、ぬいぐるみ一体一体を撮影する熱心なファンらが訪れたほか、「今こんな時期なのでこのデコレーションを見るだけでホッコリした気持ちになる」「メンズの館に、ファンシーなぬいぐるみが飾られているのがいい違和感」といった声も聞かれた。

 展示は大阪が12月25日、東京が26日まで。ぬいぐるみは展示終了後、阪急メンズのスペシャルサイトから抽選で購入可能。サイトでは全てのぬいぐるみたちを紹介している。