俳優の山崎賢人と女優の土屋太鳳がW主演するNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』(12月10日配信)から、緊迫した表情で先を見つめる2人の場面写真が20日、解禁になった。

【動画】『今際の国のアリス』第2弾予告映像

 原作は、『週刊少年サンデーS』『週刊少年サンデー』(小学館)にて2010年から16年まで連載された後、『週刊少年サンデー』(同)にて15年から16年まで連載された、麻生羽呂(あそう・はろ)氏の同名漫画(単行本全18巻)。10月からは、新章『今際の国のアリスRETRY』の連載がスタートした。

 人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリス(山崎)と、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギ(土屋)が、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”でともに信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿が描かれる。

 山崎と土屋はドラマ『黒の女教師』(12年)で初共演すると、15年放送のNHK連続テレビ小説『まれ』で夫婦役、同年12月には映画『orange-オレンジ-』でW主演を務めた。

 今回の再共演について山崎は「ともに大変な時期を乗り越えてきた土屋太鳳ちゃんと今、また一緒に頑張れることをうれしく思っています」とコメント。土屋も「感無量です。私が20代のスタートダッシュに賭けたころを知る方であり、新たな役での再会は目標のひとつでした」と話す。

 プロデューサーの森井輝氏は「繊細さと優しさ、また突破口を切り開く観察力と洞察力を持ち合わせたアリスには山崎賢人さん。驚異的な身体能力を持ち、孤高なウサギには土屋太鳳さん。この2人しかいない!」と絶賛している。