日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)は、12月18日に『怪盗グルーのミニオン危機一発』、翌25日に『風の谷のナウシカ』を放送することを20日、発表した。

【画像】12月18日に放送される『怪盗グルーのミニオン危機一発』

 『怪盗グルーのミニオン危機一発』は、スピンオフを含めて4作品が公開されている人気シリーズ第2作。日本では興行収入25億円を記録し、主題歌「Happy」もヒット。世界一の怪盗の名声を手に入れたグルーは、3姉妹といたずら好きな黄色い軍団ミニオンたちと平和に楽しく暮らしていた。しかし、相棒のネファリオ博士、仲間のミニオンたちが誘拐されてしまい、グルー一家が大切な仲間たちを助け出す物語が描かれる。

 そして、2020年の締めくくりに宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』をノーカットで放送。人間にとって毒となる“瘴気(しょうき)”を出す森「腐海」。自然が生み出した脅威に対し、マスクの装着を余儀なくされた世界で、危機に対峙する人々の姿が描かれる本作。

 『ナウシカ』には、今年人類が直面した状況とよく似ているのではないかといった指摘もあがっており、明るい期待を抱いて新たな年を迎えてほしいという思いから、放送が決定した。