キャスト1人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で「陽性反応」が確認され、公演を中止しているミュージカル『RENT』(東京・シアタークリエ)について東宝は19日、キャスト・スタッフに改めてPCR検査を実施したところ、8人の「陽性者」が判明し、当初の1人と合わせて「陽性者」が9人となったことを報告した。

 サイトでは「11月16日、シアタークリエ(東京都千代田区)にて公演中の『RENT』に出演出演中のキャスト1名が、キャスト・スタッフを対象に定期的行っている新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果、『陽性反応』が確認されたため、急きょ18時30分開演の公演回を中止いたしました」と、改めて説明。

 続けて「これを受け、速やかに管轄の保健所に報告するとともに、キャスト・スタッフに改めてPCR検査を実施したところ、8名の陽性者が判明し、当初の1名と合わせて陽性者は9名となりました」と報告した。

 9人の感染者については「居住地の保健所より療養等のご指導を受けております」とし「シアタークリ工では劇場施設内の消毒を行い、11月18日から11月23日までの期間、公演を中止させていただきますが、それ以降の公演の再開時期につきましては、管轄の保健所からのご指導に基づき決定し、改めてご案内いたします」とした。

 なお、同公演の実施は「感染予防の公演ガイドラインに則って、客席最前列を空けての上演をしており、また客席を使用した演出等もなく、出演者とお客様の接触がなかったことを確認しております」と伝え「お客様、関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます」と記した。