お笑いタレントのビートたけしが会長を務める“日本コント協会”のお笑い特番『コントの日 2020 新しい生活』が23日(後9:00~10:25)、NHK総合で放送される(放送中や放送後7日間、NHK+で配信)。なんと、今回、シンガーソングライターの竹内まりやが新作コント「ズブズブと森のおともだち」の劇中歌に新曲を書き下ろし。コントで主人公を演じる劇団ひとりが作詞を担当する“共作”が実現した。

【場面写真】子ども番組仕立てのコントです

 2018年11月に始まった『コントの日』も今年で3回目。実は竹内が『コントの日』のファンという情報を聞きつけた番組スタッフが「コントの劇中歌を書き下ろしていただけないか」と無理を承知で依頼したところ、まさかの快諾。子ども番組仕立てのコントにオリジナルソングを書き下ろした。

 今月上旬、NHKのレコーディングスタジオで竹内と劇団ひとりが対面。レコーディングでは、竹内が劇団ひとりに歌唱のアドバイスを行なったり、急きょ竹内本人 もひと声参加するなど、終始和やかな雰囲気の中で行われた。コントが好きな竹内が劇団ひとりにキャラクターの作り方を尋ねる場面もあったという。

 日本を代表するシンガーソングライターとお笑い芸人の傍ら、映画監督、作家としても活躍する劇団ひとりの異色コラボ。一体どんな曲に仕上がっているのか…。劇団ひとりは「まさかの竹内まりやさん! 楽曲も提供していただいた上にレコーディングまで参加していただけるなんて、これ自体がまるでコントです! 曲も可愛くて最高の仕上がりになりました。皆さまお楽しみに!」と、コメントを寄せている。

 今年の『コントの日』は、「新しい生活」をテーマに、ソーシャルディスタンス、リモートワークなど、生活が一変した今年らしいトピックをネタに、すべてオリジナルの新作コントが披露される。

 出演は、たけし会長のほか、日本コント協会会員の秋山竜次(ロバート)、劇団ひとり、斉藤慎二(ジャングルポケット)、新川優愛、チョコレートプラネット、東京03、ハナコ、ロッチ(50音順)。

 ゲスト出演は、松本穂香、飯尾和樹(ずん)、上田航平(ゾフィー)、空気階段 、林田洋平(ザ・マミィ)、森本晋太郎(トンツカタン)。