タレントの阿川佐和子が聞き手となり音楽をテーマにトークを繰り広げるMBS・TBS系『サワコの朝』(毎週土曜 前7:30~8:00)。21日放送回のゲストは、東山紀之。昨年亡くなったジャニー喜多川さんの伝説と病室で起きた不思議な出来事などについて語る。

【写真】聞き手の阿川佐和子

 ジャニー喜多川さんからのスカウトを受け、19歳の時に少年隊としてデビューした東山。アイドル界のトップを走り続ける一方で、ドラマや舞台、映画などでは役者としても活躍。ナレーションやキャスターも務めるなど、デビュー35周年を迎えた現在もさまざまな分野で活動している。

 そんな東山には、昨年、“ジャニー喜多川さんとの別れ”というとても大きな出来事があった。「あっという間に1年経ちましたね」と言うと、ジャニー喜多川さんが倒れてから亡くなるまでの3週間を回想。意識を取り戻すことはなかったものの、ジャニーズ事務所の全タレントがお別れのあいさつに訪れることができたその病室での“不思議な出来事”について明かす。

 また、東山がジャニーさんのスゴさを感じた“伝説”の数々を披露。誰もが知るあの大ヒット曲のタイトルに込めたジャニーさんならではの戦略や、ジャニーズの名曲を数多く手掛けてきた筒美京平さんにジャニーさんがした無茶振り、そして、美空ひばりさんとジャニーさんの知られざる秘話なども語る。

 さらに、元々は芸能界に入る気が無かったという東山が、ジャニーさんにスカウトされた日のことや、大嫌いだった事務所の先輩の話とともに、自らの転機となったジャニーさんからの一言を阿川に打ち明ける。

 阿川は、2児の父親でもある東山のプライベートにも迫り、愛娘たちへの思いも聞き出していく。