俳優の赤楚衛二、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信が、20日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。オープニングでは、小宮が話し始めると、メーンキャスターのアリタ哲平(有田哲平)が小宮の滑舌の悪さを指摘し、解説員の齋藤孝氏や出口保行氏からも「笑いの取り方が古い」「報道番組をなめるな」などと追い打ちをかけられ、小宮は戸惑いを隠せなくなる。

【写真】『ドライブ』馬場ふみかと『ビルド』赤楚衛二のキュートな2ショット写真

 特集のテーマは、「激論!令和時代の教育の在り方」。現在、学校教育のデジタル化が着々と進んでおり、全国の大半の公立小中学校では、今年度中にPCやタブレット端末などがひとり1台支給される見通しで、子どもたちは、独自の視点で情報を収集し、それを共有することで多くの知識を得られるようになるという。そこで今回は、これからの教育で養うべき能力について徹底討論していく。

 齋藤氏は、子どもたちが身につけるべき力のひとつとして「検索力」が重要だと主張。それを受けて、スタジオでは、赤楚と小宮が検索力対決を実施することに。難しい漢字の読み方や、1枚の風景写真から場所を特定できるかといった問題が出され、2人はネット検索のみで答えを探し、正解するまでの速さを競い合う。すると案の定、赤楚が的確な検索力を発揮して連戦連勝。小宮は、アリタたちからすっかりポンコツ扱いを受け、過酷な罰ゲームにも挑戦させられてしまう。

 しかし、検索力対決で「小宮浩信がテレビで披露したギャグを5つ挙げなさい」とのお題が出されると、何やら怪しい雲行きに。赤楚が検索中に偶然開いた、とあるネット記事をきっかけに、スタジオがざわつき始め、ついには番組のプロデューサー陣が現れて、出演者を呼び出し。ここから、小宮が「みんな性根が腐ってるな!」とあきれ返る、悪夢のような番組収録がスタートする。

 収録を終えて、赤楚がコメントを寄せた。

――赤楚さんは、『全力!脱力タイムズ』の大ファンだそうですね。

はい! 本当に大好きで、この番組に出ることが夢のひとつでした。だから今回も、すごく楽しみにしていたんですけど、台本をいただいた瞬間、急に怖くなってきちゃって…。台本を読んだら、僕が真面目にしっかり話さないと、番組が成立しなくなってしまうような内容だったので、これは絶対に、セリフをかんだり、言い間違えたりできないなって。そんな不安を抱えながらずっと過ごしていたので、収録が終わったときは、ものすごい開放感がありました。「終わったぁ~!!」って(笑)。

――実際「真面目にしっかり話す」ことはできた?

なんとか役割は果たせたんじゃないかなと。特にオープニングはうまくできたような気がします。ただ反省点としては、ちょっと固めすぎちゃったというか、臨機応変な対応ができなかったなって。あと、どうしても笑いをこらえることができなくて、そこは報道番組のコメンテーターとして反省しています(笑)。でも、あれだけ面白かったら誰だって笑っちゃいますよね(笑)。

――出演者として番組に参加することで、気づいたこと

台本にのっとって、しっかり作り込まれていることにも驚きましたし、本番が始まったら、途中で止めずに一連の流れを一気に撮るという、舞台劇みたいな作り方にもびっくりしました。緊張感だったり、生っぽさだったり、この番組の独特の空気感は、こうやって作られているんだなって。だから僕自身、今後はこの番組の見方が変わるかもしれないです。あと、過去の放送も見直したくなりました。より深く楽しめるんじゃないかと思うんですよね。

――ゲストの小宮さんとは初対面だったそうですが。

はい。以前から、きっとやさしい人なんだろうなとは思っていたんですけど、実際にお会いしたら、イメージしていた以上にステキな方でしたね。本番中も、さりげなく僕のことを気遣ってくださったりして、誠実さみたいなものが垣間見える瞬間が何度もありました。

――視聴者へのメッセージ

番組の前半、僕が頑張って真面目に話しているところも見てほしいんですが、後半になると、いつもとはちょっと違う僕の表情が見られると思います(笑)。ぜひ楽しみにしていてください!