歌手のMISIAが、15日にTBSの報道番組『news23』のインタビューで乗馬シーンの収録中に落馬し、翌16日「胸椎棘突起部の骨折」により全治6週間の診断を受けたことを19日、公式サイトが発表した。

【写真】今月始めには…クリスマスツリー点灯式に登場したMISIA

 診断の結果、クリスマスチャリティーライブ『So Special Christmas』の12月5日の神戸国際会館こくさいホール公演、翌6日大阪フェスティバルホール公演は「本人の健康状態を考慮し」中止に。「本公演を楽しみにされていたお客様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしますことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 TBSも19日にコメントを発表。MISIAが知的障がいのある選手たちと乗馬をしながら交流するプログラムに参加する様子を取材し、「MISIAさんが乗馬している様子を撮影していたところ、馬が突然スピードを上げ、落馬されました。トレーナーの方からは、取材クルーの動きや機材に馬が反応したと指摘されております」と説明した。

 「取材中に怪我をされたことについて、MISIAさんに心よりお見舞い申し上げます。当該の馬は調教されており、乗馬している人がコントロールできる状態にあったとのことでしたが、MISIAさんが怪我をされることになってしまいました。取材クルーの動作や機材の存在が刺激を与えることになったのであれば、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 MISIAは、大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』への出場が発表されている。