昭和63年の広島を舞台に、暴力団の抗争を描いた映画『孤狼の血』(2018年)の続編『孤狼の血II』(仮)が、11月8日にクランクアップを迎えたことが、わかった。前作同様にオール広島ロケが行われ、原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーが展開されることも発表された。公開は2021年。

【場面写真】中村倫也ら人気俳優が出演した前作『孤狼の血』

 前作は主演を役所広司が務め、松坂桃李、真木よう子、中村倫也、中村獅童、竹野内豊、音尾琢真、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介らが出演。『第42回日本アカデミー賞』では、役所が最優秀主演男優賞、松坂が最優秀助演男優賞に輝いた。

 本作の舞台は、前作から3年後。広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡の“その後”の姿が描かれる。そして、自らの信念と覚悟をぶつけ合うキャラクター21人のドラマが紡がれ、今回は体の一部でキャラクターが表現されたビジュアルも解禁になった。

 撮影は9月29日から35日間にわたって行われ、ロケ開始前にはスタッフ全員がPCR検査を実施。新型コロナウイルスのひとりの感染者も出すことなく、無事にクランクアップを迎えた。

 メガホンをとった白石和彌監督は「本作の撮影ほどデビュー作以上に武者震いしたことはありませんでした」と興奮気味な様子を見せ「前作以上によりエンタメ作品として楽しんでもらえるようになっていると思います。すごいものを皆さんに見せられるという確信がありますので、楽しみに完成を待っていただければ」と手応えを語る。

 原作シリーズの執筆者・柚月裕子氏は「原作シリーズでは描かれていないオリジナルストーリーで、しかも全信頼を置いている白石監督のもと誕生すると聞いて、前作の一ファンとして純粋にうれしかったです」と映画への期待を寄せている。