動画配信サービス「Paravi」で独占先行配信中の連続ドラマ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(テレビ東京で18日スタート、毎週水曜 深0:58)にあわせて、Paraviオリジナルストーリー『25歳イマドキ独独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』を、12月23日深夜(=24日 前1:28)より独占配信することが決定した。

【写真】山口紗弥加主演の本編キービジュアル

 『25歳イマドキ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』の主人公・まみ(野村麻純)は出版社で働く25歳。本編の主人公でイラストレーターである松本チアキ(山口紗弥加)の編集担当をしている。恋愛だけでなく友達作りなどカジュアルにマッチングアプリを使いこなすイマドキ女子だ。舞台は本編より少し前、編集者になる前のまみが友人のレイナ(永尾まりや)からマッチングアプリを紹介してもらい、いろんな男性と出会ってさまざまな経験をしていくというストーリー。

 彼氏が欲しくてアプリを始めたまみだったが、出会う男性は本編同様、個性的でちょっとヤバめな男性ばかり。体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク男」や、既婚なのを隠して近づいてくる「不倫男」、「話しやすいけど全然興奮できない男」…などなど。そんな男たちとの出会いに散々な思いをしたり楽しんだりを繰り返す中でアプリの使い方を学んでいく。

 アプリを通じて新たな自分を発見する本編とは違い、恋愛や人間関係、そしてアプリにも極めてドライなイマドキ女子の日常をコミカルに描く。本編とは違った目線で見ることができるのもこのドラマの特徴だ。

 まみの過去がフィーチャーされるParaviオリジナルストーリーと本編の両作に出演し、「過去に自分の欲望に嘘をつかなかったからこそ、本編のまみは将来のヴィジョンをきちんと持っているのだと思います。まみがどのようにして『今を生きるしたたか女子』に成長したのか、その歴史と、本編に登場するあの男子やこの男子も『25 歳イマドキ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』に登場するので、ふたつの結果日記を観ていただけたらうれしいです」とアピール。

 『25歳イマドキ独身女~』では「永尾まりやさん演じるレイナとの毒舌トークや、2人が働くコンビニ店内、エキストラの皆さん、いろいろと面白いことになっておりますので、ぜひとも観ながらツッコミを入れてください」と薦める。

 長尾も「この作品をみて、知っていただいたり共感したりしていただけるとうれしいです。女の子の日常のお話です。正解がなくても自分の人生一度きりなので、これを機に自分が迷ってること、やってみたいこと、挑戦してみたり行動に移してみようって思っていただけたらうれしいです!」と呼びかけていた。