韓国の男性7人組グループ・BTSが、8月21日午後1時に公開したデジタルシングル「Dynamite」のミュージックビデオ(MV)YouTube再生数が、11月17日午前12時1分頃、6億再生を突破した。今年10月20日の5億再生した記録に続き、約27日ぶりに1億回追加され「記録的な」人気を立証した。

【動画】「かわいいの渋滞」BTS、NGシーン入り「Dynamite」MV

 これで、BTSは「DNA」「Boy With Luv(Feat. Halsey)」「FAKE LOVE」「IDOL」「MIC Drop」リミックス、「FIRE」「血、汗、涙」「DOPE」に続き、通算9本目の6億ビューミュージックビデオを保有することになった。

 BTSの「Dynamite」は、コロナ禍で皆が大変な時期に活力と希望のメッセージを伝えるBTSだけの「ヒーリングソング」。明るくて楽しいディスコポップ(Disco Pop)ジャンルの曲らしく、ミュージックビデオでは多彩な色彩を活用した背景とレトロコンセプトの小物と衣装が目立つ。

 特にミュージックビデオは公開直後、同時アクセス数300万人を超え、YouTubeプレミア視聴記録を達成しただけでなく、24時間で1億100万以上のアクセスを記録し、YouTube「24時間最多アクセス数」の新記録を樹立している。