声優の梶裕貴、山寺宏一、三石琴乃、俳優の窪塚洋介、堤幸彦監督が19日、都内で行われた『Amazon Audible』のプレス向け戦略発表会に参加した。

【動画】梶裕貴&山寺宏一らが迫真の生パフォーマンス

 Amazonが手がけるオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービス「Audible」。きょう19日より随時配信される『アレク氏 2120』は、オーディオだけで展開する本格SFミステリー(全12話)。堤監督が手掛け、キャストとして梶らが出演している。

 本作に声優として出演を果たした窪塚は、この日の発表会でも梶らと公開アフレコで熱演ぶりをみせた。トークセッションでは「過去に実写の吹き替えをやったけど『(声優業は)二度とやるまい』と思っていた」とぶっちゃけつつ「ただ、アニメや今回のような“聴く映画”は、挑戦したいと思っていた」と語った。

 梶、山寺ら一線級の声優陣と共演エピソードを問われると「収録している後ろ姿を見て、ヒマラヤ山脈だなと。俺は愛宕山くらいで…。かなりプレッシャーがありましたよ」と笑いつつ「プレッシャーは大きかったけど、でもすごくエネルギーをもらいました」と充実感をにじませた。

 そんな窪塚との初共演に梶は「掛け合いのお芝居もやってて、楽しかったですね。いつもやってる声優のアフレコ現場とは違う角度で、想像もしないような表現があったりして、自分からも新しいモノが出る感覚がありました」。山寺も「奥にあるいろんな気持ちや色気が聞こえてきましたよ!」と絶賛していた。