女優の北川景子が、沢田研二と菅田将暉がW主演を務める映画『キネマの神様』(2021年公開)に出演することが19日、発表された。北川が演じるのは、昭和の銀幕スター・園子で、山田洋次監督作品には初参加となる。北川は「監督が現場で生み出す演出にはいつも説得力があり、撮影の空気が一気に変わっていく様は、非常に印象的でした」と山田組の現場を振り返っている。

【写真】もの悲しげな表情を見せるキャラクタービジュアル

 沢田が演じるのは、無類のギャンブル好きのゴウ。若き日のゴウを菅田が演じ、二人一役で主人公を担当。さらにゴウの妻・淑子を宮本信子、映画の撮影所で働くゴウとテラシン(野田洋次郎)がともに恋心を抱く食堂の娘を永野芽郁が演じる。時代を越えて繰り広げられる愛と友情が描かれ、若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越えてひとつの家族にある奇跡をもたらすストーリーが紡がれる。

 北川が演じる園子は、昭和の大女優としての華やかさと気品を兼ね備えながらも、若き日のゴウや淑子を実の弟、妹のように気にかけ、撮影所の誰からも慕われる人情深い一面も見せる。

 解禁されたポスタービジュアルでは、芝居をする園子の姿が描かれ、もの悲しげな表情と眼差しを見せる。一方、場面写真は日常の園子の姿をとらえたもの。当時ヒットした映画『君の名は』で、岸恵子が演じた氏家真知子のストールを頭に巻き付けた「真知子巻き」が大流行したスタイルを、北川演じる園子も披露している。

■北川景子コメント
私は“映画の黄金時代”(1950~60年代)と言われた時代に活躍した、銀幕女優の桂園子という役を演じました。華やかですが非常に人懐こく、親しみやすいキャラクターの女優です。演じる上で、当時の撮影所時代を経験された山田監督に、銀幕女優ならではの立ち振る舞いや雰囲気をお伺いしました。当時のスタッフと女優は一日中撮影所でともに時間を過ごし、まるで家族のように親しい関係だったように、菅田さん演じるゴウちゃんとも「かわいい弟をからかうみたいな感じでやるといい」とよくご指導いただきました。
山田監督は私が小さいころから巨匠として存在されていて、まさか監督の作品に参加させていただけるなんて最初は驚きでした。監督が現場で生み出す演出にはいつも説得力があり、撮影の空気が一気に変わっていく様は、非常に印象的でした。