女優の石田ひかりが、29日放送の日本テレビ・読売テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)第8話にゲスト出演。主人公で元極道のスーパー主夫・龍(玉木宏)らが住む火竜町のほか、八つの町の婦人会長で構成されたトップ組織“八竜会”の理事長・福田を演じる。石田は「私が今回のような役柄を演じるの、珍しいと思います。他局のドラマで演じている役ともまったく違いますし、その分、楽しんで演じさせていただいてます。玉木さんだけでなく、私のギャップもお楽しみください(笑)」とその意外な役柄が見どころとなる。

【場面カット】エプロン姿でラップを披露する龍(玉木宏)

 劇中では強烈な各婦人会会長を裏でまとめあげるボス的存在として龍とメンチの切り合うこととなる。「ドラマの放送を見ていて、撮影を楽しみにしていました」という石田は「“メンチ切る”って言うんでしょうか? 龍さんの目つきがおかしくて(笑)。何から何まで極道ベースだから、笑いをこらえるのが大変でした」と玉木の熱演に押されつつも奮闘。

 玉木とは映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』以来の共演となり、「5年ぶりぐらいにお会いした玉木さんは、しば犬のエプロン姿でした(笑)。当時のカッコいい探偵さんもお似合いでしたけど、これもこれでハマッてますよね」とにっこり。「玉木さん自身のルックスともいいギャップになっているし、以前テレビでコントをされているところも拝見したんですけど、それもすごく面白くて。きっとコメディのセンスがおありなんだと思います。今後もどんどんコメディタッチの作品をやっていただきたいですね」とそのセンスに感心していた。

 今回、自身が演じる福田は「ひとことで言ったら、ミステリアスな人」と紹介。「見ている人からは、何者なんだろうって思われる気がします。龍さんに対抗しているというわけではないんですが、ドスを効かせるような場面もあるんです。現場でいろいろ試しているうちにエスカレートして、周りの皆さんに負けないぐらい、濃いキャラに仕上がりました(笑)」と満足げに語っている。