ロックバンド[Alexandros]のボーカル・川上洋平が、来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(毎週水曜 後10:00)でテレビドラマ初出演を果たすことが19日、わかった。菅野美穂演じる主人公の恋愛小説家・碧の担当編集者・橘漱石(たちばな・そうせき)役に抜てき。橘とともに碧の彼氏候補となる人物として俳優の沢村一樹、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平の出演も決定した。

【写真】菅野美穂の娘役には浜辺美波

 今作は『ロングバケーション』『オレンジデイズ』『半分、青い』などで知られる脚本家・北川悦吏子氏が手掛けるオリジナル作品。とある理由から「私たち、恋をしよう!」と決意した、少女のような天然母・碧と、しっかり者のオタク娘・空(浜辺美波)という“トモダチ母娘”の、エキサイティング・ラブストーリーを描く。

 イケメンな雰囲気によって女流作家を担当させられることが多い橘はクールなルックスとは裏腹に、仕事に対しては熱く、作家としてスランプを感じている碧を献身的に支える。時々ボソッとひどいことを言い、それが碧に刺さりまくるといったキャラクターだ。

 北川氏直々の手紙を受けたという川上は「その手紙が本当に素敵で、思わず訪れたことのない場所へと旅したくなりました。いろいろと不慣れなこともありますが、それを越えてとにかく楽しみです。いただいた役を一所懸命、丁寧に演じ全うしたいと思います」と意気込みを語る。

 一方、沢村は碧の幼なじみで下町商店街の鯛焼き屋『おだや』の息子で四代目・ゴンちゃん役、有田は漱石も勤める出版社・散英社の編集長で碧とは付き合いも深い小西役にそれぞれ起用された。人気バンドのボーカル、ベテラン俳優、お笑い芸人と三者三様の場所で活躍する男性キャストが、菅野演じる碧の彼氏の座を巡って争うこととなる。

 沢村は「大都会のど真ん中、巨大な商業ビルや最高級のタワーマンションが立ち並ぶエリアを横目に、たくましく生き延びる商店街を支える老舗の鯛焼き屋の店主として、老若男女、さまざまな人々が行き交う街で暮らしてきたからこそのバイタリティーと人としての温もりで、この冬、皆さんの心を温めたいと思います」とコメント。

 そして「芸能界きっての“カンナー”」と言われるほどの菅野ファンという有田は「お互い結婚もして現実の世界ではもう無理ですが、フィクションの中では、もしかしたら僕と菅野さんがお付き合いできるチャンスが巡ってくるのでは…ということで、3人、彼氏候補がいらっしゃるのであれば、ぜひその中から僕が勝ち取りたいと思います!(笑)」と前のめりに名乗りを挙げている。