2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第一次出演者発表の3日目となる18日、女優の宮澤エマ が(東京都出身)が、主人公・義時(小栗旬)の妹・阿波局(あわのつぼね)役で出演することが明らかになった。大河ドラマは初出演となる。

【画像】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』相関図(11月17日時点)

 宮澤は「伊豆の素朴な武家の娘として生まれ育った娘が、鎌倉幕府の政局を揺るがすほどの影響力のある『阿波局』になるには、混沌とした勢力争いの中を生き抜いていく北条家ならではのたくましさがあるのかな、と想像しています。三谷さんには『阿波局の人生を思い切り明るく演じてほしい』と、言われました。長い時間をかけて一人の人物を演じさせていただける喜びを胸に明るく、たくましく生きる阿波局を『歴史上の人物』を超えて愛される様、精一杯演じたいと思っています」と、コメントを寄せている。

 三谷作品は、映画『記憶にございません!』、ミュージカル『日本の歴史』、シットコム『誰かが、見ている』(Amazonプライムビデオ)に続いて4作品目。

 「初めて出演した映画も三谷さんの作品だったので、初めての大河ドラマが三谷作品で大変うれしく、光栄に思っています。個人的に三谷作品 は喜怒哀楽のジェットコースター、と言いますか、まるで悲劇と喜劇を同時に演じている様な印象を受けます。また、自分が演じているところが到底想像できなかったり、キャパシティを超えているのではないかという役やシチュエーションを必ず描かれる印象があるので、今回は一体どんなドラマが待ち構えているのか本当に楽しみで、本当に怖いです」と、期待を膨らませている。

 『鎌倉殿の13人』では、16日からの5日間で第一次出演者発表を行い、小栗旬演じる北条義時を中心とした最初の相関図を完成させる、としている。これまでに発表されたキャストは以下のとおり。

【北条家】
北条義時…小栗旬
北条政子…小池栄子
北条宗時…片岡愛之助

【源氏】
大姫…南沙良
源行家…杉本哲太

【平家】
平清盛…松平健
平宗盛…小泉孝太郎

【坂東武士】
比企能員…佐藤二朗
畠山重忠…中川大志
安達盛長…野添義弘

■概要
 華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか──。