元乃木坂46の白石麻衣が18日、都内で行われた『anan AWARD』第2弾授賞式に登場。先月28日に乃木坂46を卒業して以来、初の公の場に姿を現し笑顔を振りまいた。

【全身ショット】ウエストがキュッ!グリーンのロングワンピースで登場した白石麻衣

 緑色のドレス姿で登場し、着た感想を聞かれると「大人になった気分です」とにっこり。卒業して約1ヶ月経過しようとしているが、「寂しい気持ちはあるのですが、メンバーからパワーをもらったので、ソロでもやっていけると思います」と意気込みを語った。

 また、ファンへ「女優業やファッション業、YouTubeだったりと、いろいろと興味があることをやらせていただいています。いろんな分野で活躍できるように頑張っていきますので、今後とも応援のほどよろしくお願いします」と伝えた。

 同アワードは、“すべての女性の、いま好きなこと”をテーマに、常に時代の女性のきもちに寄り添い、“流行”、“ファッション”、“気分”を追いかけながら、時のスターを特集してきた女性グラビア誌『anan』の創刊50周年を記念して設立。日ごろの取材活動の中で編集部として特に印象に残った「ムーブメントの先駆けや時代の象徴」となった人を「時代を象徴するスター」=「時代の顔」として表彰する。

 第1弾では「特別賞」を黒柳徹子、「50th大賞」を林真理子、松任谷由実、「2020大賞」をSixTONES、Snow Manが受賞。そして今回、第2弾受賞者として、「anan AWARD 2020 トレンドカルチャー」を神崎恵、バービー、前田裕二、YOASOBI、「anan AWARD 2020 ミューズ」を白石が受賞した。

 「anan AWARD 2020 ミューズ」は、『anan』に登場した女性の中で、その年、最も読者の憧れと共感を集め、この先の活躍に期待がかかる人に贈呈されるもの。白石は国民的アイドルグループ・乃木坂46の顔、美しさと親しみやすさで、女性も憧れ「共感を抱く」新しいアイドル像を切り拓いてきたことが評価。また、すべての人に夢と憧れを与える“女性アイドル像”としてのストイックな姿勢が、男女問わず支持を集めるなど「時代のミューズ的存在」として「anan AWARD 2020 ミューズ」が贈られた。なお、白石は同誌の表紙にも乃木坂46として3回、ソロで3回と、近年のanan表紙を飾った女性として最多となっている。