第76回ヴェネチア 国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督最新作『ホモ・サピエンスの涙』が11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館で公開される。公開に先立ち、ロイ・アンダーソン監督が本作について語る、メッセージ動画が解禁された。

【動画】ロイ・アンダーソン監督のメッセージ&予告編

 この動画は、今年9月に開催されたぴあフィルムフェスティバルでのロイ・アンダーソン監督の大規模な特集上映に際して寄せられた映像の中から、『ホモ・サピエンスの涙』について語った部分をピックアップ。

 本作のテーマや監督のお気に入りのシーン、そして英題『ABOUT ENDLESSNESS』に代わる、驚きの別タイトル案まで飛び出すなど、 監督の人柄がうかがえる微笑ましい メッセージ動画となっている 。

 実在の名画の数々からインスパイアされた美術品のような映像美にのせて「千夜一夜物語」の語り手を彷彿とさせるナレーションが物語へと誘う本作。この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル。これから愛に出会う青年。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャー。時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇を、ロイ・アンダーソン監督が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーン、すべてをワンシーンワンカットで撮影した意欲作。

■ロイ・アンダーソン監督のメッセージ

 私が撮りたかったのは、永遠という概念に向き合う人間の姿を示す場面。この作品で美しいと感じるのは、永遠とは何か、という問いに直面する若いカップルの姿だ。その場面で少年は少女に物理学の一分野である熱量学について説明する。熱量学の仮設や理論によると、破壊されるものは一切なく、すべてが単純に別の形で存在し続けるというものだ。破壊は不可能。そもそも全てが最初からエネルギーなのだし、それは破壊できないもので、ただ新しいものに姿を変えるだけ。そこで彼は彼女をからかい、こんなことを言うんだ。

 「どんな物も今とは違う姿で現れる かもしれない。君も生まれ変わったなら、次はジャガイモになるかも。もしくはトマトか」。すると少女がすぐに応える「私、トマトの方がいい」。彼女の返答が愛らしかったので、そのシーンを残すことにした。「私、トマトの方がいい」 作品のタイトルに使ってもよかったくらいだね。タイトルだけで相当観客数を伸ばせただろう。美しくて愉快な表現だからね。

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/homosap