お笑いコンビ・ハリセンボンが18日放送のフジテレビ系バラエティー『TOKIOカケル』(毎週水曜 後11:00)にゲスト出演。国分太一から「今回は笑いでおとさなくて大丈夫ですので、真面目に答えて下さい」とリクエストされ、「芸人はそれがいちばん不安です…」と緊張気味の近藤春菜と箕輪はるか。ともに結婚願望がない、という二人のきっかけとなったできごとが赤裸々に明かされる。

【写真】ハリセンボンの恋愛トークに興味津々なTOKIO

 TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画『生まれてはじめて聞かれました』では長瀬智也から「昔思い描いていた結婚観、今はどうなのか?」と質問を投げかけられる。「20代の頃は仕事続けながら旦那さんと子供がいて…と漠然と想像していた」という近藤は「今は結婚願望がまったくない」ときっぱり。長瀬が「この人と結婚するかも?と思ったことは?」と聞いていくと、ある男性の存在が。「今も恋愛はめちゃめちゃしたい」と願う一方で、男性の言葉をきっかけに結婚願望を失ったという。近藤が「ショックだった」と振り返る、その言葉とは。

 また、箕輪も「結婚願望はない」といい、近藤と同様にあるきっかけで願望がなくなったそう。「初めての恋愛で満足して、結婚はいいかなと思うようになった」と10年前の恋愛が箕輪の結婚観に変化をもたらした。恋人は仕事で知り合ったいわゆる“業界人”ながら「デートは公園」と聞いたTOKIOは「もうちょっと業界に染まって!」「一般の人の話を聞いているみたい」と思わずツッコミを入れる。箕輪が男性に求める唯一の“シンプルイズベスト”な条件にはスタジオも大爆笑となる。

 仕事の話題では今年で結成17年目となった二人だが、過去に一度だけ解散危機があったことを告白。近藤は「ケンカの時とドリカム(DREAMS COME TRUE)を歌う時だけ、めっちゃ声でるんです」と箕輪の意外な一面を暴露。「スタッフさんが楽屋に入れないくらいの大げんかだった」というほどの危機を越え、コロナ禍で価値観や考え方が変化したという近藤が箕輪にも明かしてこなかったこれからのハリセンボンへの思いを初告白する。感動的なムードに包まれるなか、なぜか箕輪が「未来予想図II」を披露することに…。

 収録後、近藤は「私たちの恋愛話をここまで聞いていただける機会がなかったですし、ちゃんと“あるもの”として聞いてくれることに感動しました(笑)思わず、赤裸々に語ってしまいましたね…」と振り返り、箕輪は「私の趣味のけん玉の話まで聞いていただけるとは思わなかったですね! 盛り上がって、動画までごらんいただいてうれしかったです。あと、まさかミュージシャンの方の前で歌を披露することになろうとは思いませんでした。でも、すごく気持ちよかったです!」と恋愛からけん玉、そして歌声披露とのびのびと、スタジオを満喫していた。