桑田佳祐が旗振り役となって2019年に初開催された史上最大規模のボウリング大会『KUWATA CUP』。今年2月に行われる予定だった『KUWATA CUP 2020 ~みんなのボウリング大会~』の本大会および準決勝・決勝は、「一時開催中止」とアナウンスされた後も開催の可能性が検討されてきたが、このたび正式に中止を発表。あわせて、形式を変えた新たな大会『KUWATA CUP 2020→2021 ~みんなのボウリング大会~』を来年開催するために始動した。

【動画】桑田佳祐、悲願のパーフェクト「300」達成の瞬間

 2019年に始まった『KUWATA CUP』は、プロ・アマを問わず全国どこでも誰でも参加できる、史上最大規模の公益社団法人日本プロボウリング協会公認大会。テーマソングを桑田佳祐 & The Pin Boysが書き下ろすなど、前例のないスポーツ大会となっている。

 今年2月に開催予定だった第二回『KUWATA CUP 2020 ~みんなのボウリング大会~』の本大会および準決勝・決勝は、新型コロナウイルス感染リスクを避けられないとして、いち早く中止を発表。その後も日程の調整などを重ねてきたが、当初のルール・条件下で実施することは、半年以上経過した今でも困難として、改めて正式に中止を発表した。

 そして、ウィズコロナをイメージした大会『KUWATA CUP 2020→2021 ~みんなのボウリング大会~』を来年開催するために始動したことも同時発表。今年予定していた『KUWATA CUP 2020』を組み込む形で生まれ変わり、2021年ならではの新しい競技参加形式を取り入れるとしている。

 選手のWEB登録システムを採用し、参加選手の成績をリアルタイムで可視化するサイトを構築。選手の密集が想定される行程では、スコアとその時点での全国順位をいち早く把握できるようなオンラインシステムに置き換え、全国各地で予選大会が完結するような仕組み作りを進める。今年の本大会出場が確定していたアマチュアボウラー部門、競技ボウラー部門の選手には、部門ごとに一定のシード権が付与される予定としている。

 大会の詳細は、来年1月上旬に案内され、大会がスタートする予定。