電通は17日、YouTubeチャンネル開発・運用などエンターテインメントコンテンツ制作に強みを持つ『FIREBUG』と業務提携契約を締結しましたことを発表した。今後、両社の強みを生かし、著名人を起用したテレビCM・YouTubeチャンネル連動型の動画広告で開発と販売を行っていく。なお、電通グループは、FIREBUG社と資本提携を結んでいる。

【写真】電通の本社ビル

 生活者のメディア接触の変化・メディアの進化に伴い、デジタル動画とテレビ広告の緊密な連動は、企業のマーケティング戦略においてますます重要になっており、電通では、テレビCMとYouTubeの双方で活躍する著名人に着目した。

 今後、電通のテレビメディアの活用ノウハウ、FIREBUG社のYouTubeチャンネルの活用ノウハウを掛け合わせ、広告主のマーケティング課題解決のための著名人を起用したTVCMとYouTube連動ソリューションを開発する。タレントキャスティングから出稿メディアのプランニング、広告枠の購入、効果測定までを効率的に提供していくことが可能となる。

 電通は「今後も、FIREBUG社と共に、テレビ・デジタル広告における新たなビジネスモデルの開発とソリューションの提供を推進していく」としている。