大みそか恒例『第71回NHK紅白歌合戦』(後7:30~11:45)の出場歌手が16日、発表され、オーディション番組『Nizi Project』最終順位上位9人で6月26日に結成したばかりのガールズグループ・NiziU(ニジュー)が、12月2日のCDデビュー前に初出場を決めた。デビューからわずか29日での紅白初出場となる。

【写真】『NHK紅白歌合戦』初出場が決定!NiziU別カット

 東京・渋谷のNHKで行われた初出場歌手の会見に、白を基調とした衣装で登壇。リーダーのMAKOは「本当に今、とても緊張していますが、私たちの姿が勇気を与え、そしてまた、私たちのパフォーマンス一つ一つが観てくださっている皆様の心に届くといいなと思っています。一生懸命頑張ります」と意気込んだ。

 また、今年1年を振り返り、「2020年は新しい挑戦がいっぱいありました。2020年の最後に紅白歌合戦に出させていただくということで、本当にうれしい気持ちでいっぱいですし、たくさんいい思い出を作りたいです」と語った。

 NiziUは、ソニーミュージックと世界的音楽プロデューサーのJ.Y. Park氏率いる韓国の大手エンターテインメント会社・JYP Entertainment(以下JYP)が昨年2月に始動したオーディション『Nizi Project』のサバイバルを勝ち抜いた、MAKO(19)、RIKU(18)、RIMA(16)、RIO(18)、MAYA(18)、MIIHI(16)、MAYUKA(17)、AYAKA(17)、NINA(15)からなる9人組。

 Huluや日本テレビ系『スッキリ』(月~金 前8:00)などで密着した『Nizi Project』の放送期間がSTAY HOME期間と重なり、ふだんは午前中にテレビを見ることのできない層を含めて老若男女が感情移入した。放送のたびに大きな反響を呼び、オーディションの課題曲など4曲を9人で新たにレコーディングした配信ミニアルバム『Make you happy』を6月30日に緊急リリースしプレデビュー。同作は、女性アーティスト初となるオリコン「週間デジタルランキング3部門同時1位」に。初登場での3冠は史上初の快挙となった。

 リードトラック「Make you happy」のミュージックビデオはYouTube再生数1億6000万回を突破。代名詞とも言える“縄跳びダンス”は、著名人をはじめ老若男女がカバー動画を投稿し、今年を代表するトレンドに。『2020ユーキャン新語・流行語大賞』ノミネート30語にも選ばれた。

 なお、メンバーのMIIHIは体調不良のため、10月23日に当面の活動休止を発表。この日の会見はMAYAも欠席した。