歌手で俳優の及川光博(51)が17日、都内で行われた『スカパー! みんなのファン祭り』のアンバサダー就任記者発表会に出席。きらびやかな“スター衣装”に身を包むと「及川光博、職業ミッチー。51歳です!」と“らしさ全開”のあいさつで沸かせた。

【動画】ミッチー節全開!実写化でやってみたいキャラを明かす及川光博

 フラッシュを浴びながら「こういった衣装は通常営業です」と白い歯をみせた及川。「毎年、全国ツアーで輝かしい衣装で歌って踊っておりますが、今年は全国ツアーも中止となってしまった」と明かしつつ「今回は水を得た魚のように着こなしております!」と、華麗にポーズを決めた。

 「スカパー!」では、12月31日まで『スカパー! みんなのファン祭り #いい沼ハマってんね』と題し、70以上のイベント・プレゼントを用意しているキャンペーンを展開中。アンバサダーに就任した及川が出演する新CMは、今月20日よりオンエアされる。

 キャンペーンになぞらえて、自身が“ハマった沼”を聞かれた及川は『機動戦士ガンダム』を即答。「一回、沼にハマってしまうと嫌いにはなれない」と語りながら「初回放送の時は、9歳。それから41年間、好きなんです。中二病どころか、小四病だよ」と笑っていた。

 質疑応答では、社会現象となった人気漫画『鬼滅の刃』が話題に。及川は「去年、ドラマ『グランメゾン東京』の撮影合間にたっくん(木村拓哉)から『面白いよ』と教えてもらって、年を明けてから漫画を読み始めました。映画はまだですが、アニメは全部見ました」と告白。

 ネット上で繰り広げられている実写版のキャスト予想では、宿敵・鬼舞辻無惨役に及川を熱望する声もあり、本人も「まぁ鬼舞辻無惨は、そこそこイケるとは思うけど、こうなったらブームに乗っかるのが気恥ずかしいかな。コスプレ自体は大好きなんですけどね」と話していた。

 イベントにはそのほか、森内俊之九段(棋士)、岸本ゆめの(つばきファクトリー)、一岡伶奈(BEYOOOOONDS)らが参加し、それぞれが“ハマった沼”をアピールしていた。