福島県で結成された男性4人組ボーカルグループ・GReeeeNが、大みそかに同局で放送される『第71回NHK紅白歌合戦』に出演することが16日、同局から発表された。GReeeeNは「今こそ歌おう みんなでエール」をテーマ掲げる今回の『紅白』の特別企画として“初出場”。現在放送中のNHK・連続テレビ小説『エール』の主題歌として、視聴者に勇気と希望を与えてきた「星影のエール」を届ける。

【紅白特集】出場者一覧 NiziU、ストスノ、瑛人らが初出場

 2007年のデビュー以来、姿を明かしてこなかったGReeeeN。今年の8月に同局で放送された『ライブ・エール』ではARを駆使した映像演出でパフォーマンスを披露し、話題になった。新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出た今年、そして、東日本大震災から10年になる来年に向けて、大みそかの夜は、無観客のNHKホールからどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待が高まる。

■GReeeeNからのメッセージ

こんにちはGReeeeNと申します。
歴史ある紅白歌合戦に出演させて頂けて、嬉しい気持ちでいっぱいです。
今年は本当に大変な一年となりましたが、「星影のエール」という曲で皆さんが毎朝、少しでも安らぎを感じてもらうことができていたなら嬉しく思います。
また、来年は東日本大震災から10年を迎え、福島で結成したボクたちとしてはこのような年の紅白に出演できることを感慨深く思っております。
来年はこの長い夜が明けて、美しい朝が迎えられるようにボクたちは音楽でエールを届けていきたいと思います。