NHKは23日、大みそか恒例『第71回NHK紅白歌合戦』に、小説を音楽にするユニットYOASOBIが、紅組歌手として出場すると発表した。テレビでパフォーマンスするのは今回が初めて。デビュー曲「夜に駆ける」を歌唱する。

【動画】小さなくす玉&盛大なお祝いで紅白出場を報告したYOASOBI

 YOASOBIはコンポーザーAyaseとボーカリストikuraによる2人組で、ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説・イラスト投稿サイト『monogatary.com』から誕生したクリエイターユニット。披露する「夜に駆ける」は今年最もヒットした曲と言われ、9月にはストリーミングの再生回数が2億回を突破し、さまざまなヒットチャートで年間首位を獲得している。

 Ayaseは「昔から夢に掲げていた紅白歌合戦に出場できること、本当にうれしいです。僕たちYOASOBIは、ライブもテレビでのパフォーマンスも一度も行っていないので、完全に初のパフォーマンスです。今から緊張が込み上げていますが、期待していただけている以上のステージをお見せできるよう、YOASOBIらしく! 楽しんで! 全力で挑みます! よろしくお願いします!」と力強くコメントした。

 ikuraは「幼い頃に歌手を志すようになってから夢であった紅白歌合戦の舞台で歌えることを、本当にうれしく思います。そしてYOASOBI初パフォーマンスを披露させていただきます。緊張で今から背筋が伸びっぱなしなのですが、本番はYOASOBIらしく楽しんで演奏したいと思います。一生で一回の紅白初出場の舞台で、一秒一秒を噛み締めながら愛を込めて歌います。よろしくお願いします」と気を引き締めた。

 司会は紅組・二階堂ふみ、白組・大泉洋、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)と同局の桑子真帆アナウンサーが務める。