毎回ゲストを「司会者」として迎え、出演者である内村光良(56)とさまぁ~ずの大竹一樹(52)、三村マサカズ(53)を相手に、その場まかせの展開で送る脱力系成り行きバラエティー『内村さまぁ~ず SECOND』のシーズン6が、Amazon Prime Videoで2日よりスタート。今回は前後編に分けて「芸人魂を懸けた本気勝負を挑む令和芸人はしご旅!!」と題して、MCにビビる大木を迎えて、内さまがぺこぱ、宮下草薙、ティモンディ、ゾフィー&ザ・マミィ、ハナコと対決する(後編は16日配信)。

【場面カット】新シーズン初回は、内さまが令和芸人たちと真剣勝負

 今回は、第7世代の令和芸人と内さまの3人が、芸人魂を賭けた本気勝負で「まだまだオジサン達も負けてないぞ!」という所を視聴者に伝えるべく、令和芸人をめぐり勝手に採点。両チームの代表者がしばりをつけて食リポに挑戦する「縛り食リポ」、両チームともにリアクション芸を受けて巧く相手を欺(あざむ)く「巧く欺け!リアクション芸対決!!」を行ったハナコに感想を聞いた。

――新シーズン初回に出演しての感想は?

【秋山寛貴】内さまさんと僕らで、3対3で対決ってないですから、さらっと始まったんですけど、スゴいことだなって。

【菊田竜大】学生時代からずっと憧れで見ていた方々だったので、夢のような感じでうれしかったですね。

【岡部大】めちゃくちゃ興奮しましたね。1日中対決をされてきて、最後が僕らだったので、僕らの興奮とみなさんの疲労度が反比例しているような感じで、それもまた不思議な感覚でした(笑)。

――今回の見どころは?

【秋山】岡部のバスケの知識ですね。

【岡部】まさか『内さま』という場で発揮されるとは思わなかったので、ぜひ高校バスケファンの方に見ていただきたいです(笑)。

――共演してみて、どういった部分が刺激になりました?

【菊田】『内さま』でのお3方って丸裸で戦っている感じがして。裸一貫で戦っている感じが見ていて気持ちいいというか、お笑いってこういうことなのかなって。武器を持たずに戦場に突っ走っていくような感じでしたね。

【秋山】お3方ともなんですけど、終日収録をやってきた終盤の疲れ切っている時に、実験的な企画をやることになっても、合気道のように対応されていて(笑)。達人の笑いのとり方でした。

――今回の企画では、ハナコさんの演技力の高さにも注目が集まりました。岡部さんは現在、朝ドラでも活躍されていますね。

【岡部】きょう、内村さんから「毎朝見ているよ。いい役やっているな」って言っていただいて。それはもうたまらない瞬間でしたね。すごい人たちに会えているから、ちょっとドシッとできるようになっているかもしれないですね。最初は「窪田正孝だ!」「二階堂ふみだ!」っていう気持ちだったんですけど、だんだんそれもなくなってきている部分もあるので、度胸がついてきたのかな。

――『キングオブコント』優勝をはじめ、若くしていろんなものをつかんでいる印象がありますが?

【菊田】僕らはけっこう苦労人だと思います…って、僕が言うのもですが(笑)。2人が近くで努力をしている姿を見てきたから、努力したら実るんだって。

【岡部】じゃあ、してくれよ(笑)。

【菊田】でも、できない人もいるのよ(笑)。継続できない人もいるからね(笑)。

――『内さま』のような冠番組をやりたいという気持ちはありますか?

【秋山】最近だとゾフィーとかザ・マミィとかもそうですけど、コント番組をすごくありがたいことにやらせていただいているので、これを大きなものにできたらいいなと。それは夢ですね。

――今後『内さま』でやりたい企画は?

【菊田】みなさんと旅館泊まりたいですね(笑)。あーでもないこーでもないっていう話をしたいですね。

【岡部】どこが裸一貫のお笑いなんだよ(笑)。

【秋山】僕は、今回で兆しが見えたので演技系の企画をやってみたいですね。

【岡部】僕は食リポをまたやらせていただいて、ここで高校バスケ食リポというジャンルを確立させていただきたいです(笑)。